おススメ節水トイレ

皆様ご家庭のトイレは節水タイプですか? 家庭の水22%を消費するトイレ トイレの洗浄水量は、家庭で使用される水の 22%を占めています。 これは、最もよく使うお風呂の40%に次いで多い。 トイレの節水は、家計にも環境にも与える影響が 大きいと言えます。

水量は40年前の5分の1に 1975年以前は20Lほど。 1975年頃、洗浄水量を13Lまで抑えた便器が 登場しました。 その後も節水の努力は続けられ、 現在の最新トイレでは3.8L。 40年前およそ5分の1の水量になっています。 15~30年前の洗浄水量が13Lだった頃と 比較すると、現在のトイレでは4人家族で 1年間5万6575Lほど節水できます。 桁が多すぎで想像できませんが(笑) これは、浴槽の水を240Lとすると、 約236杯分に相当する。 年間で1万5000円の節約となる計算です。 便鉢素材の工夫で洗浄 洗浄水量が少なくなっても、洗浄力がダウンしては 意味がありません。 少ない水でしっかり洗浄できるよう、各社とも工夫 を凝らしています。 まずは便器内の素材への工夫です。 表面をできるだけ平滑にし、汚れがつきにくい 材質が開発されています。 新たな素材の導入、表面の特殊なコーティングなど により、以前のものよりも汚れが落ちやすくなって います。 節水タイプのトイレへのお取り換え検討中の お客様是非常磐工業へお任せ下さい。 工事は通常の洋式トイレであれば、1日で終わりますので。 是非とも1DAYリフォームお試し下さい。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索