COLUMN

リフォーム・フルリノベーション マンション その他 新築 一戸建て 部分リフォーム 内装

窓の大きさや数

こんにちは、常磐工業です。
今回は、ご自宅の窓について少しお話させていただければと思います。

皆さんのご自宅には窓はいくつありますか?
大抵の場合、部屋に対して1つ以上はあることが多いかと思います。

窓が多いと採光が取れて、明るく爽やかな空間を維持することが出来ますが
その反面、日差しからくる熱や結露などの心配もあります。

そのため、窓の種類やサッシの素材などにも
注意して選ぶことが大切です。

最近は二重サッシや樹脂製サッシ、遮光窓など高性能な窓も出てきて、
種類やバリエーションが増えてきています。

実は、窓というのは住宅の開口部と言われ、
断熱がされにくい部分でもあるため、夏場や冬場のことを考えて選ぶことがおすすめ!

夏場は日差しが強く、直射日光による熱が室内に入り込んでくるため
エアコンの効きが低下しやすいです。
また、素材によってはサッシ部分が高熱になり変形したり、火傷の恐れもあります。

逆に冬場は、室内を温かく保つ為に断熱が必要になりますが、
窓に断熱材を施すことはできません。
そのため、室内との温度差から結露なども起きやすくなってしまいます。
そできるだけ温度差をなくすためには二重サッシや三重サッシで層をつくることがおすすめです。

内装のデザインや明るさ、開放感などから
大きな窓や窓の数を増やしたくなる気持ちもわかります。
その場合は、今お伝えしたように対策をすることで一年中快適な暮らしをすることができます。

ぜひ、皆さんも「窓」を選ぶ際には季節のことを考えて素材や仕様をお選びください。
新築はもちろん、リフォーム・リノベーションでも窓の変更は可能です。
何でもお気軽にご相談ください。

小さなお悩みや、大きな想いまで何でもお伺いいたします!
リフォーム専門家の常磐工業へお任せください。
◆今までの施工事例はこちらからhttps://www.jkc-iwaki.co.jp/works 
◆部分リフォームの事例はこちらからhttps://www.jkc-iwaki.co.jp/partworks